コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

いつまでもオコチャマでいてほしいという母性

「ウチの子は奥手だからぁ~」
「まだまだコドモで」

世のお母さまがた(自分もだけど)というのは概して
我が子に幼くあってもらいたいと思っているようで。
特に男の子のママはその感が強いなーと
つくづく思ったことがありました。

異性である男の子に対する愛情ってのはもう格別とききます。
ウチは娘ですが、それでも
できるだけ長くオコチャマでいてほしいと思ったりするので
これが男子だったらさぞかし…と想像します。

子どもは、家の顔と学校での顔を持ってます。
良くも悪くも。

女の子からもらったプレゼントに
「ちゃんとお返ししなさい」とお母さんが言っても
「そんなん無理!」と言い返されると
もぅ、いっつも親がやらなきゃしょうがないのよねぇ、とため息をつきながら
内心とってもホッとしてるんでしょうね。
しかし、他人のイロコイ沙汰にやたら食いつく
芸能レポーター顔負けの面は
親には見せることはありません。

さてウチの娘ですが
女の子よりも男の子、もしくは男の子みたいな女の子といるほうが
気楽で楽しいらしいです。
よく「ダレソレと仲がいい」とか「デキてる」系なことを言われるみたいです。
そんなことはどうでもよいのですが
いわゆる「好きな男子」はシッカリ別にいて
今のところはおとなしくドキドキしているだけのようですが
そちらに対していつ暴走しないかと心配しております。
「中学生の間は恋愛禁止にしようかな」と言ったら、ママ友に一斉に
「むりむりむりむり~」と言われました。
いったいどんなふうに見られてるんだ娘は。
まぁ家でも「らぶらぶ光線」はだいぶ強く出てるので
だいたいわかってはおりましたが…。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

そぼろ弁当の落とし穴

moblog_c897c5fc.jpg

お弁当第1週、やれやれ終わりました。

お弁当づくりは今のところ、案外おもしろいです。
まぁ、最初だけでしょうけど。
しかし、そぼろ弁当は甘く見ていた。
ご飯にのっけるだけで簡単簡単と思っていたら
2段弁当箱の盲点。もう1段を埋めるのに疲れた。
平たいランチケース購入検討中。

昨日から娘は中学の部活の仮入部期間です。
今年の新入生はここ数年で一番多いので、
人気のある部はわらわらと大盛況です。
が。なんと吹奏楽はゼロ。
娘が興味ある部のひとつがブラスなのですが、
万が一その後の入部者がいなかったら、3年生になるころには「ソロ」
ピアノもソロ、部活もソロではねぇ
ちなみに、2~3年生の部員は合わせて10人です
もちょっと人数ほしいなぁ…。

実際に初日に体験入部したのは軟式テニス部。
こちらは人気で、20人ほどが詰めかけていました(金網越しに覗いた)。
ダボダボの体操着の娘はすぐに見つかったのですが、
どうみても空振りばっかりしていたのに、
「先輩に、『何かやってた?(経験者?)』ってお世辞言われた~」
ご満悦。
春休みに3回ほどバドミントンにつれてったのが効いたらしく、
どうやらちょっとだけラケットにボールが当たったみたいです。
しかしあれで「キラリ」ではなぁ…。
ちなみにテニス部、現2年生ゼロです

ピアノの練習時間を確保するために「キタク」(帰宅部)にする予定でしたが、
本人がもしやる気になってるなら
ピティナはお休みして部活中心の生活もアリかなーと思ったりしています。

ところで、5時少し前に帰宅するなり、さっそく昼寝。
ほんとにお疲れの様子。
今日は塾があるので体験入部パス、とか言っていましたが、
こんなことではピアノの練習とか以前に運動部は無理かもねー。

コンテントヘッダー

お弁当

我が市は中学校は給食がありません。
とうとう始まってしまった、娘お弁当生活です。
私にとっては「とうとう」ですが
娘にとっては「やっと!」のようで
それは、それほど給食がアレだった、ということのようです。

幼稚園の頃は週2回、お弁当日でした。
近隣の私立の園はその頃、次々と
完全給食に移行していたので
火曜と金曜だけでも「多っ!」という気持ちでしたが
これからは週5です。
ただ、中途半端な「週2」のほうがむしろ疲れるのかもしれません。

昨日は焼き肉弁当。
一昨日のカレー用に、少し多めに牛薄切り肉を買い、
お弁当用に取り分けておいて、朝、ジュージュー焼きました。
焼いてみたらあまりに肉が少なくて愕然。
1つも2つも同じだ、と旦那の分も作り始めていたので
キャベツで底上げ。しょぼーん。
あとはホウレンソウ入り玉子焼きとか、ウインナーとか枝豆とか、ちまちまと。

足りないかな?と思ったら「多すぎる」ですと。
ちまっ、としたお弁当を好む、なんだかチューガクセーらしい。

料理本には「ようちえんのおべんとう」とか「キャラ弁」の本しかなかったので
2冊ほど買いました。
本なんか要らないかなーと思ったけど、案外役に立ちそうです。

今朝はお魚と思いサケの漬けを焼いていたら、気付いたら真っ黒焦げになったので
急きょ唐揚げに変更。
娘はこっちのほうが喜ぶだろうけど…失敗、失敗。

お腹がすきました。
早く日記をアップしないと食べれないので焦っています。
NEC_0083.jpg


娘は12時半すぎまでご飯にありつけないから気が引けるけど
ちょっとフライング気味に食べてしまおうっと。

あ、お米は昨夜のが保温で残ってはいるけれど
お弁当ぶんだけ朝、炊きます。
鍋で炊いたごはん、ウマー。

コンテントヘッダー

なんの工夫もない企画に呆れる

フジテレビ「その顔が見てみたい!」という番組。

お風呂から上がってテレビをつけたら、
ちょうど、ジャガー横田が外科医の旦那さんから
突然離婚届をつきつけられるという設定。

なにその工夫もなんもない企画。
たとえばこれがヤラセだったとしても
どこをおもしろがれば良いのか全然わかりません。
私は自分に心優しくないところがあるのは自覚してますが
こういうのを観て喜ぶ感覚って
どんだけ意地が悪いのって思います。

…とかいいつつ、
色々ツッコんでやろうと思ってちらちら見てました。

出演者たちは
(ジャガー横田が)「怒るかな?怒るかな?」とか騒いでいましたが
実際には怒りだしませんでした。
全く予想通りです。
普通いきなり怒らないでしょ。本当に唐突なら。

娘の同級生で、似たような「お遊び」をやってた子らがいました。
Aちゃんが、好きでもないB君に告白する、という
逆パターンの設定。
ご丁寧に、Aちゃんのライバルとか、元カレも配役して。
Bくんを「ハメよう」という筋書き(これがまた細かい)を
Cちゃん(女子)が設定したということです。

我が子や、その友達が関係しているのなら、
大雷を落とすところですが
ちょっと信じられない話でしたし、
静観するしかありませんでした。
でも、どうやら本当に繰り広げられていたことのようです。

B君は、最後にネタばらしをされたのかどうかは
わかりません。
願わくば、B君も了解ずみで
B君を含めた仲良しグループの「恋愛ドラマごっこ」だったと思いたい。

イマドキに言えば、「パニックフェイス的な?」(語尾上げ)。
テレビとは逆パターンのものでしたが
人の気持ちをもてあそぶ遊び。悪趣味です。

大人がテレビの企画としてやるぶんには
パニックフェイスでもどっきりでも、
くだらなくても下品でも結構。
しかしそのネタには、ひと捻りもふた捻りも欲しい。
小学生が考え付く以下の設定でゲラゲラ笑うなど
電波の無駄遣いというものです。

コーナーの終わりに、誰だか芸人だと思うんですが
「ちょっと今うまくいっていない夫婦には
 考えさせられる良い企画かもしれませんねぇ」
って…は?これで?

って、ブーブー怒りつつ、
結局、見てたのね。私。
コンテントヘッダー

イオン…

イオングループにはちょっとがっかり。

被災地の子どもたちに約12,000本のランドセルをお届けします。
(↑注:リンクはPDFファイルです。イオンのホームページはこちら


いや、ガッカリされる筋合いのものではないと思うのですが…。

不要になったランドセルを募集して(一定の基準アリ)
修理して箱詰めして被災地の希望者の子たちに送るという企画をやってる
株式会社 協和さん。
サイトを見つけて送ろうと思っている間に
予想以上にたくさん送られてきて、ただいま受付中断中です。
(今のところは、準備できた数>要望数 という事情もありそうですが)

そこに、1万2千個の新品のランドセル。
新品だから、何ら問題ないのでしょうけど。
イオングループという巨大企業ならではの規模。
でも私はやっぱり、コツコツと工場で修理して
箱詰めして送ってくれる企業を支持したいなぁ。

もちろん、受け取る側の「お古でも十分」という気持ちが頂けてこそ、で
実はそこが一番大事なのだけど。

芸能人やプロスポーツ選手ら有名人がチャリティをすることを
売名だとか言う人がいる(ネットだとなんでも言いやすいから…)らしい。
イメージアップがはかれればと、密かに思ってはいるのかもしれないけど、
それによって集まるものも集まるわけだし、
善意の表し方を探している人たちがその機会も得られるのだから
全然良いじゃない、と思う。
企業が義援金を出すことも宣伝と思われがちだけど
なんにしろ、助けの手を差し伸べることの何がいけない?と思う。
自分は何もしないで、人さまがよかれと思ってすることに難癖つけるのはいかがなものか。

ただ、イオングループのこの「ランドセル」企画をたてた人は、
ネットで一度くらいは「ランドセル 被災地」で検索かけてくれたかな?
そのうえでもしも、もしも何らかの形で提携ということになれば
もっともっとイオンのイメージは良くなったと思うのに。

ちなみに私はイオン結構好きです。
トップバリューの袋ラーメンとか、結構おいしいし。
カルフールがイオンに変わったときも、
しばらくは「カルフール」の看板を外さないでくれたし(?)。
ラーメンとか看板とかはさておいても、
なんせ12000個ものランドセル、金額にしたら相当なものだし、
プレゼントは素晴らしいと思うのです。

だからこそ、リサイクルっていう部分も
ちょびっと考えてくれたらよかったのになぁと。

これは恐らくとっても素人な考え。
実際には、なかなか無理なんでしょうね…。

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。