コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

みんなみんな、何がしかあるよ~

いつもの朝の立ち話をしていたら(正確には座ってた)
なんだかお腹がどよーんと重く。
とりあえず洗濯と掃除だけしてぼんやり座り
治まるのを待っていた。

そこに娘の友達ママ・Yさんから電話。
ちょうど話したいなーと思っていたところだったので
勢いでランチに出かける。

話題はあちこち飛びまくるのが常なのだけど
どういう流れだったかYさんがふいに
「私ここ3年ほど乳がんの疑いで経過をみてるねんやん」
と。
しこりがあって気になっていたのを市民健診で訴えて
病院へ行くように言われてそうなったんだそう。
(気になることがあれば保険証もって「病院」へ行きましょうねー)

そんなわけで先日もマンモグラフィーなどなど。
変化なしだったそうで、よかったね。

やっぱりグレーゾーンは不安なものだろうから、
少しでも力になれればと思ってカミングアウト(って大げさな言い方)。
これまでママ友達にはほとんど話してなかった。
気を遣われたり、気の毒がられたり、妙に尊敬?されちゃったりするのも面倒だったから。
でも、見回せばそこらにいくつでも転がってることじゃん。
加えて婦人科再検査の結果待ちと、朝からの鈍痛からくる弱気もあったか。

案の定、
「いとまさん、、、体調大丈夫?」(何年もピンピンしてるし~)
「強いなあ、えらいなあ」(選んで罹れるもんでもないからねぇ、なっちゃったらこれが普通でしょう)

Yさんも友達の多い人だし、私なんかより親しくしてる人は大勢いるから
いちおう口止めはしたけれど、早晩、色んな人に知れわたるだろう。
でも、そんなことより何より、もしかしたら今後、
誰かにお世話にならなきゃいけないことがあるかもしれない。
何をおいても、子供のことがある。
娘はきょうだいがいないし、いとこも少ないし、年頃も違う。
祖父母は揃っているけど、友達に負うものは大きいだろうし。
ちょっとでも支えになってやってくれたら、ホントにありがたい。

それと、Yさん、ちょっとわかってくれたかもー。
のんきにアホ丸出しで暮らしてるように見えただろう私の人生にも
多少のアクシデントはあったのよ~、ってね(笑)

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

細胞診

行ってきました、再検査。
子宮体部の細胞診です。
場合によっては麻酔(鎮痛剤)を使うそうで
そんなに痛いのかとクリニックに問い合わせたところ
「分娩経験がある人ならまず大丈夫ですよ~」
と。
痛みに極端に弱いわけではないけど、長時間はイヤだなぁと思い
時間はどれくらいかかるのかなどシツコク訊いたりして。

最初に錠剤を1錠わたされました。
どうやら抗生物質のようです。1回ぶん。
それで足りるのかーと思わないでもないけど、
予防的なものだからそんなものか。

普通の体がんの検査はもうすっかり慣れたけど
今回の細胞診はちょいとバージョンアップしてました。

この検査はかれこれ7年ほど受けてますが、
数人のドクターのうち今の先生は結構お気に入り。
手早いし、声かけもちゃんとしてくれるので不安がないし
(カーテンで仕切られてるので、無言でやられると倍くらい長く感じる)
いちばん上手だと思ってます。

「多分だいじょうぶだと思うけど、検査結果にも出ちゃったし(クラスⅢ)
 前のこと(乳がん既往歴)もあるからしっかり調べましょ。
 5秒だけ我慢してね~」

確かに数秒でした。「ぐへっ!」ていう感じのは。
しかし2回。話がちがーう(笑)

3年ほど前に検診を受けたとき、同時にポリープをいくつか取ったことがあって
そりゃもう悶絶だったのですが
それに比べたらだいぶ楽。。。

さて検査が終わってみると、本当に心配なのは検査ではなくて
結果のほうだったんだ、と今さら気付いたりしてます。
来週の初めに予約をいれましたが、
時間よ止まれな気分。


コンテントヘッダー

梅雨ってイヤン

「次の月経直後に再検査しましょう」の月経、
あっという間にきました。
憂鬱。
でもビビりすぎて来ないんじゃないかとも心配してたので
良かったとおもうべしか。
検査は、来週です。

あれこれ調べてみると、
どうやら、良くても経過観察ということらしい。
最低でも当分は通院生活になりましょう。

思えば手術したのもちょうど梅雨時、
やっぱ梅雨は嫌いだわ。

ちゃんとした食生活しなきゃと思うのだけど
ちゃんと作るのが面倒です。

コンテントヘッダー

また…なの?

6月は病院月間。
まずは予約済みの形成外科と、婦人科。
形成外科のほうはいつも通りの経過観察、「また来年」。

婦人科もそうなると思ってた…のに。

子宮頚がんのほうはいつも通りのクラス2、ネガティブ。
しかし体がんが…クラス3、コメント欄に「フォローアップおねがいします」の文字。

いやだなぁいやだなぁ。

再検査は、月経周期が正常にくれば月末あたりまでまたなくちゃならず
結果が出るのにまた一週間はかかると思えば
もしもの場合は治療が始まるのが夏休みごろか。

可能性は…わたしの中では五分五分くらいと思ってる。
あんまり楽観的になれない。普通だろけど。
万が一、悪いものだった場合には治りますか?早期発見になりますか?と訊いてみた。
「おそらく問題ないって言ったでしょ」と医者は笑ったけど、
まず早い発見になると。
そのために楽しくない検査に毎年通っているんだもの、病気は…怖くはない。
いや怖いけど、なんとかしたい。いや、なんとかする!!!

ただ…子どもがまだ小学生だし、
治療(この病気だった場合は、たぶん手術)の間、
義母に家のことをまたまたお願いするのが憂鬱で仕方ない。

娘がもう少し大きかったらなぁ。
せめて高校生。中学生じゃダメだ、高校受験があるもの。

お姑さん、超人的にマメだし、主婦&母親として完璧な人なので
孫の節目とあれば120%の力で走りぬけてくれるだろう。
娘のためにはいいのかもしれないけど、複雑~。

乳がんで入院してるあいだに娘のトイレトレーニングを完了されてしまった恨み(笑)は忘れられない。

せめて「経過観察」で済みますように。神様、神様。

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。