コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

りっちなお昼

病院を終えて心晴れたところで、お昼はラ・メゾンブランシュで。
(リンク先flash音が出ます)

実はあとでランチのお値段みてびっくりした次第でして。
道理で周囲の席もセレブな人たちばかりだったわけだ。
ついでにオーナーシェフが同い年なことにもびっくり。
今さら驚くな、そういう年齢だ。

前菜からデザートまでさすがに美味しかったので
今度は何かのご褒美のときに。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

またまた婦人科

やっぱりお腹はシクシクと痛いままだし
どうにも気になって落ち着かないのでまたもや婦人科。

やれやれ、子宮や卵巣には異常なしでした。
検査の結果待ちですが
結局はホルモンバランス大崩れが起こしたトラブル。
「と、としですか?」
と訊くと、いやいや、と。

血液検査をして薬も出してもらったのだけど、
何よりちゃんと説明してもらえたのが安心薬。

疲れやストレスで出るって知識はあったけど
「何か心あたりあるでしょう?」
ってきちんと言ってもらうと
泣きそうになった。

ああ、肯定してもらえた。

あいや、誰にも否定されたわけじゃないんですけどね。

決めた。
検診はいつものクリニックで
具合が悪くなったらここに来よう。
コンテントヘッダー

婦人科/グランドピアノは夢か

婦人科強制送還の結果、
「なんともないねぇ」
…ほんとかなぁ。でもなんともないっていうんだからなんともないんだろう。(ひらがなばかりで読みにくい)

金曜の朝には腹痛も貧血?もだいぶ楽になっていたけれども
週末には子どものイベントもあることだし
思い切って婦人科受診。
外科でもらったCTを持っていったけれども
ナントカカントカっていうところに水がたまってるのが映ったんかなぁあ?
てな話で、筋腫もないらしい。

そういうオトシゴロなんだそうだ。
ほんまか。ほんまにこれでええのんか。

昨日(28日土曜日)は娘のピアノコンクール予選。
結果は「むふふ」だったが、疲れた。
自宅に帰る頃にはまた下っ腹に鈍痛。
ハイテンションで喋り続ける娘に生返事することすら億劫に。

思えば先週の予選のときから体調が、一気に下り坂だったのだ。
たまたまそういうバイオリズムだったのだろうけど
ストレスもあると思う!きっと!
さすがに3週末連続の本番はキツカッタ…。

今日は近畿で大雨の恐れらしい。
確かによく降る。
フローリングの上でイスの滑りが悪いから
湿度がとっても高いのがよくわかる。

娘はこのところ「グランドピアノ欲しい病」。
予選2つとも通ったらパパに交渉してあげよう、と約束してしまっていたものの
2つめの通過のしかたがやや微妙なので
それはちょいとお預け。
串カツ屋に連れていく約束は果たしてあげようと思う。

しかしこんだけ湿度が高いと、
ウチにあるアップライトの調子も悪かろう。
グランドなんて更に高価で超かさばる楽器を買う勇気も
萎えるってもんだ…。
コンテントヘッダー

病院エンドレス

6月は病院月間。
形成外科・婦人科・外科と大忙しなのです。
最初の手術をしたのが6月末だったので仕方ないのです。

ここまで書いて思い出した、
今日じゃないか、手術記念日!
…忘れてたのか。 忘れるくらいで結構結構。

そのドクター月間も、昨日の外科で
一昨日撮ってもらったCTの画像をチェックして
「なんともないね♪」
で終わるはず。
いつも上下する腫瘍マーカーは覚悟していたし、
「まぁこれは多分だいじょうぶ」も予想していたから想定内。

この1年、原因不明の腹痛に悩まされていることを知っている主治医が
気を利かせていつもより広い範囲でオーダーしてくれたCTには
鎖骨から骨盤内までの内臓が網羅されていた。

はい、その婦人科系でひっかかってしまいました。

消化器外科の経験もある主治医は
いつもは「だいじょぶだいじょぶ。長生きするって」が口癖。
それが今回、
「コレなんやろなぁ…筋腫でもあるんかなぁ…」
ちょーっと歯切れが悪い気がするのは、
私がビビっているからゆえの思いすごしということにしたい。

2週間前に受診した婦人科に逆戻りです…とほほ。
コンテントヘッダー

ラスト・フレンズ最終回

ラスト・フレンズ最終回。
えーーー、こうなるんだ…………てんてんてん…

重いテーマてんこもりで毎週けっこうがんばってたわりに
ラスト・フレンズならぬラスト・スパートな最終回。

あれはハッピーエンドなのかもしれないけど
ひとり死んでるのに…
しかもその死に方、めちゃめちゃ孤独で悲愴なのに。
(悲愴でない自殺って?という突っ込みはしないでね)

DVな男に重い罰は必要だけど
「バカは死ななきゃなおらない」的な決着ってどうなんだろ。
そこまで…?

突っ込みどころは他にもいっぱいあって
他の人が書いてるのをみて
「おお!それもそうよね!」
なんて言いながら楽しませてもらっているので
そこはさておき。

とにかく、気を持たせすぎなのです。
ラスト・スパートなどと書いたけど
見てるほうは結構間延びした感じも受けてました。
だから、脚本や演出がよくないなぁって。

あの交通事故であの怪我?という感想も多いけど、
わたしは、あれだけ時間かけなくてよかったんでないのと思う。
15分の延長、いらなーい。
本当はもっと悲劇的だったのかもしれないなぁ。

上野樹里と瑛太の会話。
「エリーみたいな男前な女いないしなぁ」
「オグリンみたいに気のいい男もいないしなぁ」
…エリーはともかく、
オグリンはどうなんだろうねぇ。
男前でかっこいい女って、得てして
ちょっと「どうなん!?」て思う男に世話焼いて大事にしたりする、
あれっぽい。

眠い目こすってがんばって見たのに…←そんなのアンタの勝手でしょ

テーマ : テレビドラマ 2008年春(4月~6月)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コンテントヘッダー

人間は道具ってものを使う生き物

インターネットってのは
単にひとつの道具だと思ってた。
…つもり。

ずっと長い間読み続けてきたブログがあり
しかしここ半年ほど更新をすっぱり休んでいる。

私は「書き物中毒」状態で
だらだらと何やら書くことをやめられなくなっており
仕事のために立ち上げたパソコンで
なんとなく日記書き画面を開いてしまい
ふぅ、と立ち上がったあとで
そうだ、Wordを使うために座ったんだった、と思いだし
シャットダウン処理中の画面を呆然と見詰めたり。
ぼんやりネット画面を眺めている時間も長いので
たぶん、書き物中毒といいつつ結局はネット中毒なのだ。

深層心理でネットを道具と捉えきれてないのかもしれない。
ハサミは道具ですが、長い間使わないからといって
「ああ! ハサミで何か切りたい!!」とはならない。
ネットを使うのでなく、ネットに使われている?

先日うちの近所で「ハサミ男騒動」が起こり
幸い単なる「騒動」で終わってほっとしたのだけど、
ハサミに使われるのも怖いけどネットに使われるのも…。

自己抑制が弱いのか、単に他に熱中することが見つからないからか、
そんな私なので
実は私とは性格が合わなそうだと思っていた書き手さんのことは
やっぱり尊敬はしてしまう。

ネットの画面を眺めるより優先順位の高いことはたくさんある。
それが当たり前で、そうでなくちゃいけないのだ。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

マンゴーたべたい

このブログのテンプレート、ずっと苺ケーキの写真です。
時々、用もないのに開いて「じゅるる」なんてやってます。
自分がアクセスするのが一番多いだろうと思います。

しかし、某所で売っていたフローズンのイチゴは…。
果物をそのまま串に刺して凍らせたデザートで
イチゴとマンゴーがありました。
娘とそのお友達はどちらもイチゴを選んだのですが
ちょっと齧らせてもらったところ…

すっぱ!!!

イチゴって、実は甘いものじゃないです。
スーパーやお店で手に入る綺麗なイチゴは
黒いビニールシートをかぶせた畑の畝でそのままもぎ取って食べるそれとは
ぜんぜん味が違う。
トマトも同じ理由で、買ってもほとんど食べられません。

マンゴーがどんな味だったかはわからないのですが
少々熟れてなかったとしても
さほど酸っぱい果物ではないかもしれませんから
マンゴーにしておけばよかった…と後悔。
ま、暑い日だったので子供たちはちゅるちゅると食べきりました。

熟れて勝手に落ちるまで収穫しないという
宮崎の1個数千円~数万円の完熟マンゴーを
まさか使ってはいないだろうけど。

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

コンテントヘッダー

週のはじめなのに

雷鳴ってますね!
ベランダ全開で昼寝してたので
目が覚めました。
ユニクロの「ぶらぁぼぉ!」1枚で寝てたので
雷さん起こしてくれてありがとうです。

午前中に婦人科に行き
9か月ぶりに体がん検査したら(中途半端な間隔だ)
もんのすごい疲れた。
ほんの3分もないのに恐ろしい疲労感。
全身緊張状態になるからなー。

歩いて行って検査受けて帰りに買い物してのんびり帰って
全部入れても1時間ちょい。
便利な場所に住ませてくれる旦那に
感謝せにゃいかんね。

しかしビミョーにお腹…痛い…。
週の始めからこれって憂鬱。
それでも今週も忙しいぞぉ。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コンテントヘッダー

児童って?

あちらこちらで
ネガティブなことばっかり書き連ねているのですが
それでストレス発散できてるかというと
どうやらそうでもないらしく
むしろ自分はいったい
ネットやブログで何をやりたいんだと
わけがわからなくなって
全てリセットして別人格になってやりたいなどと思い
それがなんとも危険な発想にも思える
そんな年齢になった自分に驚く今日この頃
みなさんいかがお過ごしですか。

某所で
児童ポルノの被害者特定ができない」というニュースを目にし
「児童」という言葉が小学生だけを指すものでないことに驚く。
この場合に中学生から高校生をいっしょくたにするとはねぇ。

言葉の使い方って
社会全部で統一されてないから戸惑うこと多し。
たぶん一般的には
「幼児」「園児」…未就学児、
「児童」といえば小学生、
中学生以上は生徒、
だと思ってたんですけど。

先日、自動車保険の更新をしたところ
「保護者が怪我等をした場合の被扶養未成年者のための給付金」
みたいな項目があり(言葉は多分ぜんぜん違うと思う)、
「娘を扶養してるのは夫でありますが…」
と営業さんに問いかけたところ、
「お母さんも扶養してるんだからいいんです」
とのこと。

へぇ。そうなんだ。。。
というわけで、
私の名義の自動車保険で私が怪我をしたり入院した場合も
ちゃんと私が扶養してるとみなされて
娘のための給付はあるらしいです。
現実問題、旦那より私が倒れた場合のほうが
娘が即効的に困るわけなので
これは妥当だなと思いました。

ちなみにgoo辞書にて
扶養
プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。