コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

嫌いな理由

ジャンルを「お笑い」にしたから
楽しい日記かもと思った人ごめんなさい。

テレビで「行列のできる法律相談所」がついてた。
ああ見たくないな…と思ってたのに消さなかった私が悪い。
ちょっとトラブルちっくなことになってたとはいえ
ことごとく嫌いなタレントが出ているのに
どうしてすぱっと消さなかったか。

でもおかげで、私がどうにも島田紳助を好きになれないわけが
ちょっとわかった。

今日の放送には、橋下知事が出ていた。
なんでも紳助は、橋下弁護士が選挙に出るとき
「演説は、主義主張を述べるのではなく情に訴えろ」とアドヴァイスなさったそうだ。
は、はーん、と納得。
その通りにされているよね、知事は。
彼がよく言う、「命がけで」発言。
確かに彼は、大阪をなんとかしたいという意気込みは素晴らしいと思う。
テレビでよく流れた涙の場面も、嘘泣きではないと思う。
ただ、府民が求めているのは「命をかけて」くれることではなくて、
本当に「なんとかしてくれる」ことなんだけどなぁ…と
冷めた目で見ているのはわたしだけか。
(尤も、某市長の「あれが本泣きなら大した役者やね」発言も
 意味がわからないけど)

ワッハ上方を移転するなというお笑いの大御所に対し
「そこで出している年間4億近い赤字の分を病院に遣ってくれ」
とおっしゃってた。

知事は「その分を福祉に遣う」とはおっしゃってないような気がしてる。
ただただ赤字を減らそうとされているようにしか見えない。
実際、救急病院のリストラだって知事の計画に入ってるのではなかったっけ?

橋下知事をフォローしたおつもりだと思うけれど
その効果のほどはいかがなものか。


亀田・長男も出演してた。
二男のボクシング反則試合騒ぎの頃の話。
島田紳助が同番組でエールを送っていた場面は
私は幸い見てなかったらしい。
再放送の中で亀田・長男が「あのときは嬉しくて泣いた」と言えば
こんどは紳助が「(放送をみて送られてきたメールに)俺まで泣けた」と。

そこまではまぁ、よしとしよう。
なぜそんなエールを送ったか、についての部分が嫌だった。
「自分もかつて、漫才の大会で負けて悔しくて
 優勝した大木こだま・ひびきに毒づき花を蹴とばした。
 負けた自分が許せなかったからだ
 20年以上経ってようやく心から謝れた
 だからお前ら(亀田兄弟)も、勝ち続けろ」
自分は勝ち続けたおつもり…らしい、と思う私は意地悪。
確かにみじめな思いをしてつい暴れてしまう、
冷静に振る舞えない、格好悪いことをしてしまう、
そういうのって若気の至りかもしれないし、
そんな経験をするから大人になって落ち着いてくるのかもしれないし、
言ってることはわからないでもないのだけど
それを公共の電波で言う必要はないのじゃないか。
「おれは解ってやれるぞ~」は、
こっそり言ってあげればいいじゃないか。

この人、馬鹿とか死ねとか平気でテレビで言う。
若い衆を引っ張ってます、みたいな顔してる分、
言葉の悪さはクレヨンしんちゃんより許せない。
そのくせ、「いい兄貴分」でもいようとする。
この人はいったい、何になろうとしてるのか。
暴走族姿で毒舌の漫才師だった頃のほうが
わたしにはかっこよかったように思えて仕方がない。
スポンサーサイト

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

コンテントヘッダー

なるようにしかならないさ

「こてんぱんに叱る」
っていう語り口に
なんだかほのぼのしたものを感じるのはわたしだけ?
て実はたいして恐くないんだろうねぇ~って。

でも、そうか。
自分が子供を叱るときにいかに恐ろしい親であるか
切々と語る必要なんかないのだった。

いかに自分たち夫婦の仲が悪いか
とか
いかに我が子の出来が悪いか、
とか
いかに自分が忙しくてあわ食ってるか
とか。
そんなの別に格好よくもないんだった。

わかってても。
かっこよくて憎めない人に
どうしてもなれない寂しさ。

辺見えみりとキム兄が離婚した。
実は前からちょこ、ちょこと不仲の片鱗が見えていたとか書かれてた。
まぁ、
「あーやっぱりね~」って言われようが
「仲良さそうに見えてたのにビックリ!」って言われようが
どっちでもいいんだろうけどね。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コンテントヘッダー

デリカシー

「命をもって償いなさい」という死刑判決。

命を奪われることはすべてを奪われること。
体も、声も、時間も、存在のすべて。

何はなくても寿命まで生きていけるけれど
命を奪われたら何もない。

それを人にやったということ。

命をもっても償えないけれど、差し出せる最大のものは命だから
死刑が最高刑。

この事件は、命を奪う以上のことさえしてるから
私個人としては妥当な判決と思う。

愛らしい女の子は、娘とほぼ同じころに生まれていて
生きていればこんなふうに
遊んだり勉強したりピアノを弾いたり(?)していたのだ。
家族や友人たちに囲まれて。

その日々を、遺族の方々からも奪った。
その代りにご主人に与えられたものは…。

唐突な質問に的確に答える姿をみていると
おそろしく冷静沈着でおそろしく頭の回転が速い人だと思う。
本当はこんな形でその頭のよさを
他人に見せることなど望んでいなかったはずなのに。

20代のこの時間を
妻子をうしない、ひとり遺され、
こういうふうに使うしかなかったこと
他の道はあっても、そんなことを思うことができなかったこと
本当にお気の毒に思う。

死刑廃止、議論としては結構かもしれない。
けど、自分の主張のためにこんなに露骨に
他人の思いに土足で踏み入るやり方はどうなのか。
それは職務として自分が大切にすべき立場のはずの
容疑者に対してもさえ、だ。

そういう私もデリカシーがある人間かどうかは疑問だけれど
ここまでえげつない人間ではないつもりだ。

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

すーぱーむー

実はいっぱいいーっぱい
スパムコメントがあるのですよ。
承認しないと見えないようになってて
コメントもだいたい殿方向けと思われるものばかりで
わたしだけが見てもしょーもない書き込み。
…なんて書いてもまた来るんだろけどねえ。

もう4か月あまり経ってしまいました。
前回の日記から、なんと1/3年!

この間にも、あれこれ事件(?)が起こりました。

年末からの腹痛はよくもわるくも変化なく
しょぼしょぼしくしく。
とうとう思い切って腸の内視鏡を受けました。
相当の覚悟を決めて。
ぜったい大丈夫!!
けど、入院とか治療はしないといけないかも…
でも助かるから!!
なんて、ネガティブなんだかポジティブなんだかよくわからない思考を重ねつつ
入院することを前提にiPodなんか買っちゃって
結局なんともなくて入院しなくて済みました。
iPod買うたもん勝ち!<違

ちりとてちんは終わってしまって寂しいけど
検査で悪いもん見つからなくてよかったよかった。

さーて体も大丈夫そうだから
望まずして決まってしまったPTA役員がんばるぞー!!

…と張り切りすぎてか
若干、仲間から浮いてる感じになってます(泣)
考え方の違いは埋めようもなく…。
私はいろいろ敏感なつもりでいて

でも私が浮いてるわけだから
きっと私のほうが変なんだね。
…と、どよよーんとしてます。

最初テンション高かったときは
「結構楽しいかも!」なんて思ってたけど
ちょっと今、ひきこもりたくなってます。

あ、だからいとま記の更新したくなったのか?

ま、今後もチマチマと書きますんで
気がついたら読んでやってくださいまし。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。