コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

再び「サクラサク」

昨日は、娘のピアノコンペ予選がありました。
予選は2箇所まで受けられることになっていて、今回は2度め。こちらが地元・本命の地区です。

朝から緊張のあまりほとんど食欲のない私と対照的に、もりもりと焼きたてパンをほおばる娘。昨日の夜までオドオドして泣きそうな顔をして鼻ばっかりこすっていたのに。開き直ったか。

心配していた雨もなんとか大丈夫そうで、家から衣装を着せていくことができました。マンションの部屋から駐車場までの間に知り合いに会ったら驚くだろうなぁ、知り合いじゃなくても振り返られるだろうなぁ、とチョッピリわくわくしていたのに、誰にも会いませんでした。土曜の朝9時前ってこんなに静かで誰もいないものだったのか。

義母を迎えに行って、少し早めに会場入り。受付にいくと、なんと演奏順番が一番最後でした。一番最初もいやだけど、最後ってのも…。上手な子の演奏を聴きすぎて巻き込まれないか、はたまた待ちくたびれてダレてしまわないか。心配になりました。本人も
「最後なんて~ヤだな~」
と言ってるし。

待ち時間の間、「まぁここで落ちたからって命に別状ないって」とうそぶいてみたり、「こんなとこでビビリまくってたら、今後きたるべき受験のときとかどーすんの」と自分に言ってみたり。一番おちつかないのは私です。

出番が近づき、舞台袖に入る前。娘は言いました。
「ぜんぜん緊張しないよ」
おお、すごいなぁ。だいぶ場慣れしてきたか。

演奏じたいは、とりあえずつっかからずに弾けたことにホッとして、ステージから戻ってきた娘にハイタッチしました。いけるかも…。

その後、ラーメンずるずると相変わらず旺盛な食欲の娘(笑)
一方、通過人数に入れるかどうかは微妙なため結果発表まではそれこそ水1滴たりとも喉を通らなかった私です。

再び会場に戻って結果をみにいくと、ありました、名前が! ぃやったー!
受付のおねえさんが「おめでとう」と言ってくれました。

2つ予選を通ったので、本選も2つ出ることになりました。まだまだ、がんばらなくっちゃ。

この予選に受かったからといって、長い目で見てその子のピアノのレベルが高いということでは必ずしもないと思います。ましてやその後の人生でピアノの道が開かれた!ということでもない。こういうことは本来、点数の勝ち負けで測るものでもないと思っているし。

ただ、何かで報われるためには日ごろコツコツと努力しなくてはならないこと、辛い思いをして頑張ったあとには結果がどう出ても悔いはないのだということ。こういうイベントの中でそんなことを少しずつ学んでもらえるのではないかという期待をしてるのです。

本選までキツイ日々は続くことになりました。しかしそれもあと、1か月足らず。それが済んだら、少しのんびりした日々に戻れる。それまで頑張れ。




<娘語録>
「楽しく弾けたから、結果はどっちでもいいんだ。でも、盾をもういっこ欲しいなぁ」

「たくさんの人の前で弾くのって気持ちいいねぇ

「前の(予選の)ときは、『去年落ちたから今年こそは!』ってすごく緊張したけど、今日はそんなふうに思わないから楽しい」

「あぁまた明日からピアノ地獄かぁ~」

(おばあちゃんに「しんどくても好きやから頑張れるんよね?」と訊かれて)
「ううん(NO、の意味)。でもやめたら寂しい

「いやぁ~しかしステージに出るっていうのは疲れるねぇ~

(ビデオ録画に大失敗した私に)
「まったくもー。(わたしは)カッコよかっただろうになぁ。見たかったなぁ」

スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

梅雨

今朝、娘を送り出しに出たら、体長10センチ以上はあろうかという巨大ナメクジが!
んもおーーーーーー!だから梅雨はだいっきらい!!
こういうヌメヌメ系生き物が元気じゃない?
カエルとか…。

虫に耐えられないから上層階の家を買ったのに、どこの植木鉢からだか知らないけど蟻は行列をなしてウチのベランダを我が物顔で通るし。
別に蟻の1匹や2匹…じゃなくて行列やし!

まぁ蟻と梅雨は関係なかろうが、蟻もあまりに暑くなると生きられないらしいから、早くジリジリの真夏になってほしい。

しかし、今年の梅雨はちょっと梅雨らしくないと思うのは私だけ?
梅雨ってのは「シトシトと雨が降り続く」イメージがあったけど
今年は「シトシト」て感じじゃない。
スコールみたいな雨だもの。
台風も近づいてるらしいけど…。

あぁもうなんでもいい、こんな暗い日々はもういやだ。
早くあかるい夏になってほしーーい!
コンテントヘッダー

スレッドテーマは「節約生活」としましたが
別に頑張ってるわけでもないんです。
ちょっとだけ節約しようかな?と思ってるくらいで。
いきなりドーンといっちゃうと息切れも早いですからね。

旦那の夕飯を作らなくなったので、とりあえずムダを徹底的に省こうと。

「今日、夕飯要る」とか「要らない」を言うてくれない人なもので
とりあえずは作らないといけません。

「食べるのかな? 今日は天ぷら食べたいけど、帰ってきてから揚げないと美味しくないしやっぱ無理かな。でも煮込み料理もいい加減ネタも尽きたし飽きてきたぞ。うーむ。しゃーない、こっちもまたマンネリ気味だけど、焼き魚にするか。」

旬のアジが1匹88円と安かったので、買って帰って内臓とって、グリルで塩焼きにして、あとは温めなおせばすぐ食べられるよ!

深夜になって旦那、帰宅。
ちょっと!ご飯たべてきたってどゆこと!?

この場合、翌日の昼に自分がこのアジを食べるか、翌日の夕飯に知らん顔して旦那に出してしまうか。

迷った挙げ句に「ゴメンナサイ」しちゃうことも多々。

…これが、なくなったわけです。

旦那がいなくなっても成長盛りの子供はいるので、自分でも驚きなのですが意外と手抜きをしてません。仕事量はそんなに減ってないんです。ただ、上に書いたようなストレスがなくなったことが、チョー楽ちん!

姑さんに言われました。「楽でしょう?」(にっこり)。
率直なところを申し上げますと、深く頷いておられた姑さんも、長いこと旦那さん(つまり舅さん)は単身赴任です。

しゃーない。近くに旦那のいないもの同士、助け合っていくかー。

娘もわりと偏食なので食べ残しは多いですが、「食べきれない」と「食べない」は、作ったものにとって大違いです。
虚しい「作っては捨て」が減り、同じ料理を出してはいけないという気負いもだいぶ減り、食費は激減する…はず!?

そんなわけで、とりあえず手をつけたのが家計簿。
ナント2月半ばで止まっている帳簿付けを、泣きながらやってます。
こんな家計簿意味があるのかと疑問に思いつつも、
結婚してから何らかの形で残っている収支の記録を、
今年も簡単にせよ残しておかなくては。

あー神様ごめんなさい。
こんどからちゃんと毎日つけます!つけますからー!

テーマ : 節約生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コンテントヘッダー

にょろにょろ

昨日と今日の流れを比べてみる。

昨日・・・

掃除と洗濯をさっさと済ませ、開店直後の家電屋へ。
今日は少し足を伸ばして、3か月ぶりの梅田。
次々と電車はくるのに、毎回混んでる。
どこからこんだけの人間が沸いてくるのかなぁもぅ。
と、自分も「沸いてきた」ひとりのくせに。

買いたいものだけ買うととんぼがえりで歯医者へ。
歯医者が終わると、術後療養中の義母に御用聞きをして頼まれた買い物を届ける。
上がりこむとひとしきり、お話し相手。

帰宅するとすぐ娘の下校時間。
バタバタと準備をしてピアノのレッスンに向かう。
帰宅は7時近く、それから夕飯の支度をして、お風呂だ宿題だとやってたらもう10時。

あんまり疲れたと思わなかった。


今日・・・

朝の片付けを済ませて、昨日買ったテレビの配送。
正午ごろに家を出てちょっと買い物、それから通院する義母を駅まで送る。
帰宅した娘が友達の家に行くというので送っていく。
病院が終わった義母を自宅へ送る。
娘を迎えに行く。

ひじょーーーに疲れを感じる。

どうみても今日のほうがマッタリしてる。
更に一昨日は、夫の単身赴任先まで引っ越しの片付けもしに行ってる。
なのに、今日のほうが疲れる。

昨日は暑かった。真夏みたいに。
今日は暑さは昨日よりましだけど、湿度が!湿度が!!
まとわりつく湿気がとにかく重たい。
にょろにょろがへばりついてるみたい。

暑さにゃ強いが湿度にはめっぽう弱い自分を実感したのでした。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。