コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

旅るぽ沖縄・その4

せっかくチェックアウトが14時なのに、昼過ぎの便なのが残念。

朝は昨日や一昨日よりも少し早起き。
寝坊続きだったから知らなかったけど、混んでるのね、朝食バイキング。
待ってるあいだに、ロビーで開かれてる朝市でお土産を調達。
スーパーなどで、特に値段がお高いわけではないのはリサーチ済み。
お菓子やらうどんやら、ほとんどのものを買いそろえる。

食べ終わるととてもいい天気。
テラス席の海側の扉をフルオープンしてくれて、
海風をうけながら朝ご飯が食べられる。贅沢。

少し肌寒いのでプールは無理かと言いながら散歩に出る。
だんだん暖かくなってきたので、
泳がせないと納得しないぞな勢いの娘をプールに放り込み、
夫に監視させながら私はお土産の発送。

片付いたあとプールサイドに向かうと、
娘はひとりでもキャアキャア嬉しそうに泳いでいた。
しばらくデッキチェアに寝そべりながら眺めていると、ぽつり、ぽつり…
あれよあれよの間に風も強まり、荒れ模様。
あぁまた洗礼か。

慌ててホテルに駆け込むところで、
「吹雪いてきたよ~早くあがりなさーい」
と言ってるお母さんが。
いや、雪はないから。

そういえば沖縄では吹雪きなんて存在しないのよねぇ、いいなぁ、って。

余裕みてチェックアウトしレンタカーに乗り込む。
那覇までほぼ1時間。車を返して空港へ。

那覇には数年前に新しいDFSがオープンしていて
友人たちは当然行くべし、みたいなことを言っていたけれど
いざ今日になってみたら、ブランドバッグなんてどうでもよくなっていた。
(ヴィトンは免税にならないっていうから、
 コーチだシャネルだフェラガモだプラダには興味のない私には意味がない)

航空会社がくれたクーポン券を遣って
現金200円でミンサー織りのランチョン5枚。
いい記念になりました。

帰りの飛行機は、揺れを感じる暇もなくバクスイ。
気がついたら低く雲の垂れ込める伊丹空港に着陸してた。

夫は仕事があるからと、軽いほうのトランクを下げて走って帰っていった。
私は娘とふたり、いつものダイエーで魚とか野菜を買って
おそろしく重いトランクを引っ張ってマンションまで歩く。
夫、ずっとこんな重いもんを引きずってたのか。

マンションに着いたときはまだ明るかった。
この次はきっと、もっと暗くなってから着く便を取ってたっぷり遊びたい。

…といいながら、マンション前に知人を発見するも近づく元気もない私たち母子でありました。

(完)
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄本島
ジャンル : 旅行

コンテントヘッダー

旅るぽ沖縄・その3

3日め朝、お、陽がさしてる。
朝食のバイキングは海が見える席で
鮮やかな黄色い花と海の青のコントラストが綺麗。

食後は海辺を散歩。砂が白い。風が爽やか。
娘は貝殻あつめに必死。

娘は意地でも泳ぎたいらしい。
ホテルに戻って再びプール。
今度は私が付き合うことに。
おお!久々の水は気持ちいいじゃないか。
温水プールは、上がると寒い。ジャグジーで温まってから部屋に。

昼から「やちむんの里」で焼き物の見学。
でっかいガラス花瓶ができるのかと思っていたら
どんどん変形してついに大きなお皿になっちゃってビックリ。
一番エライ人と思しきおじいさんが、
じぶんがおやつを食べるついでに娘にお菓子をくれた。
すごい綺麗なお皿があったけど、たっ、高い(汗)
焼き物コーナーで小鉢と姑さんへのおみやげの小さめの丼を購入。
それぞれの工房では人を募集していた。
夫はちょっと興味しんしん。
娘は沖縄に住みたいというし(寒くないし泳げるから)、
家族でほそぼそとこういう場所で暮らすのも悪くないかなぁと思う。
でも都会育ちの夫には、多分無理だろうけどね。

帰りに喫茶店により、念願のぜんざいを試す。
わたしは温かいほう、娘は冷たいほう。
小豆ではなくて、小粒の金時豆を使い、味はもちろん黒糖。
冷たいぜんざいは、金時豆の煮汁のシャーベットでカキ氷になってる。
おいしー。
そば屋さんで聞きつけなかったら食べてなかったな。

そこからほんの30分ほどのところで、黒豚の焼肉の夕食。
「湯し豆腐」という柔らかい豆腐を自分で作らせてくれ、塩で食べる。
ぜんざいの後に入るか?と思ったら、なんのなんの楽勝。
お肉おかわり。
美味しい豚肉って、牛肉より美味しい。
ゴーヤのお漬物ぽりぽり。
うーん、美味いけどこれは、きっと大阪に持って帰ったら食べられない味かもしれない…

雨の中ホテルに戻り、まずは混まないうちに大浴場。
娘が「今日はお父さんと入る」と言うので、私はひとりでのんびり。
ロビーに戻ると、また昨日と同じ少年少女合唱団のコンサートをやっていて
夫と娘も聴いていた。
「なんやそのユデダコのような顔は!」
すんません、サウナに入らせてもらいましたんよ。

娘と夫は再び手作り体験コーナーへ。
今日は砂絵でプレートづくりだとか。
荷物の整理をだいたい終えて、わたしもロビーへ。
籐の椅子に座って待つ。この椅子がまた、おそろしくすわり心地がよかった。

そして、やっぱりオリオンビールで乾杯。
今夜はパイナップルワインもつく。
おつまみは…またもやミミガージャーキーです。

明日はもう帰るんだなぁ、と話していると、娘が泣き出す。
帰りたくない~もっとお泊りしたい~沖縄に住みたい~。
楽しかったのね。よかったよかった。

テーマ : 沖縄本島
ジャンル : 旅行

コンテントヘッダー

旅るぽ沖縄・その2

朝起きたら、部屋のベランダの手すりが濡れてた。あら~、雨。
雨女の私が、なぜか今回は旅行中に雨が降るということを想定してなかった。
朝食を摂ったホテルの和食店では、
隣の席の女性が「今日はパラセーリング中止だって」と話している。
さて、我々はどうするかなぁ。とりあえず水族館いっとこう。

美ら海水族館は、日曜ということもあり混み混みでありました。
海遊館も凄いけど、
あそこは巨大水槽の周囲をぐるぐる回って降りてくるうちに
娘は飽きてきてしまうんだなぁ。
その点、こちらは不思議と飽きることがない。

ジンベェザメが3頭もいる。
エイのまぬけな顔は、やっぱりかわいい。
ある種のサメは、仕事をサボって隅っこでじっとしてた。

雨脚はどんどん強くなり、ここで傘を調達。
粒はさほど大きくないのだけど、横殴りに降る雨は
やっぱり南国を実感させてくれました。

もっとも、風雨の状態はそう長く続いたわけではなく、あとは降ったり止んだり。
もう少し気温が高い季節なら、蒸し暑くてたまらなかっただろうなぁ。

子供のくせに、動物園やら水族館がそんなに好きではない娘は
イルカショー(オキちゃんではない)にのみ大興奮。
ほんとにイルカってかわいいわぁ。

帰り道に沖縄そば屋「きしもと」で昼食。
「ジューシー」という名の炊き込みご飯を食べる。
沖縄料理は、どれも美味しいのだけど、わりと甘めかなと思う。
自家製コーレーグースー(唐辛子漬け泡盛)を試しにかけてみると最高。
やっぱり買って帰ろう。

相席になった関西の人と思われるご夫婦の旦那さんが
しきりと「もう一回ぜんざい食べるぞ!」と。
ぜんざい? 沖縄のぜんざい? そんなに美味いのか…それは食べないと。

次は流れで名護パイナップルパーク。
パイナップルのちっちゃい木がいっぱいあって、てっぺんに実がついてる。
あれもう食べられるのかな?
その後、お約束でワインとジュースを購入。

あまりにも観光の王道ばかりもどうかと思って、
今日の夕飯はスーパーで買い出し。
持ち帰るそばの麺やご当地ものの食材を探しに。

そうそう、牧志市場も覗いてみたかったけど、
ちょっと子供がもたなそうで断念。
金沢の近江町市場や京都の錦市場は、
地元の人も買い物に来るらしいけど値段は実はお高めで
日常的ではないような気がする。
だから、ここでもきっと住んでる人は普通のスーパーで買い物してるはず!
…と自分を慰めつつ、実際のところどうなんでしょ?

タコライスのおにぎりを試す。
お金を払ってからおにぎりやのおばさんに、
「このおにぎりって何が挟まってるんですか?」
と訊ねたら、
「えっ!あの、ご主人がコレっておっしゃったので!」
とえらく焦ってる。
いや単に素朴な疑問だっただけなんですけど…。
タコスの具みたいの(でもやっぱ甘い)とチーズを挟んだおにぎり。
ファストフード店ではよく出会う味なのだけど、
おにぎりっていうのがやっぱりチョット…。これだけはだめだった。
あ、ソーキの煮物は、やっぱり甘かった。

夜は、ホテルの手作り体験コーナーなるところへ。
いくつかメニューがあるなかで、
貝殻などを中に入れて固めた蝋燭を制作。
滋賀県の少年少女合唱団がロビーで歌うのを聴きながら制作。

大浴場があることに気づき、早速はいりにいく。
お風呂上りはもちろん、オリオンビール。
昨日も飲んで、今朝はまぶたがぱんぱんに浮腫んでいたけど、
気にしないで今日も飲む。
おつまみは、ミミガージャーキーでした。

夕方、エレベーター待ちで花嫁・花婿さんと一緒に。
どうやら式と披露宴を終えてお部屋に行くところらしい。
レストランで親族と盛り上がってる花嫁さんも見かけたし
朝のロビーは結婚式スタイルの人たちでいっぱい。
いいなぁこんなところで結婚式。

テーマ : 沖縄本島
ジャンル : 旅行

コンテントヘッダー

旅るぽ沖縄・その1

朝5時起床。
駅までトランク引きずってテクテク歩き、
新大阪から「はるか」に乗り換えて関西空港へ。
関空は3年ぶりくらいか。
飛行機に乗るためにきたのは、新婚旅行以来だな。
だって遠いんだもん。

ANAのチェックイン機の前に行ったら、係員が素早く近づいてきた。
自分で2次元バーコード読ませたかったのにぃ。
でも、機械で勝手に決められた席は家族3人バラバラ。
係員が席を変えてくれたので、まぁよかった。

2時間あまりで、那覇空港に着く。
天気はまぁまぁ。そんなに暑くない。
もぉわぁ~っという沖縄の空気は、私は大好きだけど。

レンタカーで、とりあえず国際通りと首里城へ。
沖縄限定のハイチュウだのぷっちょだの、お菓子をがんがん買い込む。
「もう帰る日なのか!?」ってくらいの買いっぷり。

こういうところでは表通りの店よりも一歩裏道に入るのよ、と
初めての店にはいつも尻込みする旦那を引っ張って沖縄料理店「ゆうなんぎぃ」に。
コースを一人前とそば、あと2品くらい注文して、どれもうまうま。
特に、泡盛で煮込んで味噌だれをからめた角煮が激うま。
あとで見たら「るるぶ」にも「まっぷる」にも載ってた。
確かに店内には、TBSの安住アナやフジの笠井アナの色紙やらがずらり。
なーんだ。
でもほんとに旨かった。

首里城は、階段がすごい傾斜してる。転んだら下まで転がっちゃうよ。
前に来たとき改修してて見られなかったお城は、
とっても綺麗になっててまっかっか。
娘いわく
「王様、赤が好きだったのかなぁ」
うん、そやね~。

ホテルにチェックイン。早速ガーデンプールへ。ここは温水。
ひとまず娘だけ入らせる。ひとりでもキャッキャと楽しげ。
海で泳いでる人もいるけど、さすがに寒いか。

夜は、ナイトクルージング。
ビーチでは明るすぎて星空は見えないので
海の上から星空を眺めましょうというやつ。
沖合いまで行って船の照明を消すと、おお、星だ星だ。
出てるじゃないか結構。

まぁ、星の数は田舎のそれとは比較にならないので
(山の上は空気も違うし空に近いしなんせ地面が真っ黒だから当然だ)
海の上であるというシチュエーションを楽しみました。
その後2泊は天候がイマイチでクルージングは中止。
初日に予約できてラッキーでありました。

夕飯は奮発してホテルのバイキング。
といっても子供はタダだったりする。
伊勢海老をどーんと焼いたやつにかぶりつく。
おなかいっぱい。
夜はオリオンビールをぐびぐび。
就寝は、12時ごろになる。あら、長い1日だったのね。

(日付は記入日ではありません)

テーマ : 沖縄本島
ジャンル : 旅行

コンテントヘッダー

暑い~

20060325153015
無事やってこれました

紅イモスィーツ、なんでもうまい!

(写真貼り忘れてるし)
コンテントヘッダー

暑い~

無事やってこれました

紅イモスィーツ、なんでもうまい!
コンテントヘッダー

3年間のあいだ家族のようにおつきあいしてきたお友達家族を見送りました。
というか、我が家が旅に出ている間に引っ越して行くのですが。

何度も遊びにきてもらった我が家から走り去っていくのを見るのは辛いから、
せめて車で送らせて欲しいと言ってあったのですが、
いざとなると怖気づき、
結局は車で帰っていく友人に代わって送って行ってもらいました。

見送ったのは娘と、もうひとりのお友達。
お友達のほうは号泣状態で、家までついていきたいとゴネたりしていました。
対照的に娘は、ヘラヘラ笑って「じゃあね、ばいばーい」と。
娘よ、やはりオマエは薄情なヤツなのか。

いよいよ車に乗るというとき、
幼稚園からの3年間をつぶさに見てきたお友達とは
握手をしてハグ、ハグ。もう泣けて泣けて。
でも我慢しましたよ。大人だから。笑顔で見送らなくちゃ。
相変わらず娘は、ヘラヘラ。。。

でも。
案の定というか。
家に入ったら「さみしい…」と泣きました。
我慢していたみたいです。
「ひとりで知らない土地にお引っ越ししていくお友達のほうが何倍もシンドイんだよ。
 あなたが先に泣いちゃったらだめだよ」
と言ってあったからでしょうか。

そして、親子で泣きました。

今までいっぱいいっぱい、ありがとう。
もうこれから、あんなお友達はできないんじゃないかと思う。
少なくとも、お母さんには。

さてと。
明日から沖縄であります。楽しみであります。
5時起き…大丈夫かオイ。
無事に目が覚めて那覇に降り立つことができるよう、
祈っていてくださいまし。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コンテントヘッダー

自分、弱いな

アメリカの精神科医キューブラー・ロス博士いわく。
がん告知を受けた人の心理的な変化は、多くは5つの段階を踏むのだとか。

1)否認
2)怒り
3)取引
4)抑うつ
5)受容

命に関わることに限らず、人の悩みは深いもの。
こと子供に関しては、
場合によっては自分が重い病気に罹ることと同じか、
それ以上の深みにはまるのではないかしら。

がん告知は経験者のはしくれなわけだけれど、
今となってはそれもどれほどの衝撃でどれほどの期間揺れ続けたのか
はっきり思い出せなくなっている。
昔の日記を読み返せば、勿論まざまざと甦らせることはできるけれど
あえて今、それをしたいとも思わないし。

忘れてしまえる程度のものだったのか、いやなことを忘れることが得意な性格なのか。
どちらだろう? 両方か。

これが自分ではなくて、子供だったらどうだったろう、と思う。
それは病気であったり、問題行動であったり。

「うちの子に限って→ほかの誰かのせいでこうなった→
 自分の努力でなんとかなる→どうにもならない…欝→
 こうなったらとことんまで付き合うか。」

子育てに問題発生中の話を複数、たまたま同時に耳にして
全ては受け容れるところから始まるのだ、と
言うは簡単だけれど現実はなかなか。

今はまだ、まぁまぁ扱いやすい娘(それでも手をやくこともあるけど)。
これがいつかきっと、
あの旦那より「取り扱い注意」な人物に変わる日がくるのかと思うと
果たしてわたしはその日々を乗り切っていく力があるんだろうか。

弱気は厳禁なのかもしれないけど
不安で、不安で、たまらない。こんな日は。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コンテントヘッダー

出会い別れ

昨年の卒園の時、年中時の担任U先生が
「ゆったちゃんは、ほんとうにかわいくて…
 ほかの子にはない持ち味があるんですよ。
 どうしたらこんなふうに育てられるのか、
 お父さんお母さんにお聞きしたいくらいです
 願わくばずっとずっとこのままでいて欲しいです」
と言って送り出してくれた。

リップサービス半分で聞いても嬉しいコメントを頂いたのだった。
たぶん、相性がよく合っていたのだと思う。

そのU先生が、今年度末で退職という知らせが入り、
早速、娘にそのことを伝える。

「ふぅん」

おーいっ! そんだけかいっ!

情報は駆け巡り、何人かの年中のクラスメートたちが
「おてがみを」
とか
「春休みのうちに一目、会いにいこう」
とか盛り上がる中、娘に
「お手紙かかないの?」
と訊いたら。

「いい(要らない)」

…がっかり。
娘よあなたに心はないのですか(泣。

母は不思議だ。
「僕と彼女と彼女の生きる道」のドラマで、
主人公のりんちゃんがパパと別れ別れになるシーンに感情移入して号泣したあなたが。
この素っ気無さはどうなんだ。

まぁ私自身、何かとピーピー泣くヤツだったわりには
小学校の卒業式ですら感慨浅く、
女子がみんな泣いてるのを冷ややかに見て
「あ、出遅れた」
としか思えなかったドライな子だったので。
子供のことを言えません。

それでもその後、徐々に人並みの感受性を身に付けていったつもりなので
心配しないし、こればっかりは心配してどうなるものでもない。
単に娘は幼いのであろうと思います。

春は出会いと別れの季節。

娘の幼稚園年代を語ること・イコール・「ゆ」ちゃんを語ること、
というくらいに親しかった「ゆ」ちゃんも、もうすぐ遠くへ引っ越してしまう。

別れは確かにやってくるし、
娘は小さいうちに結構多くのそれを体験する境遇だけれど、
別れを怖れて出会いを避けることだけはしないで欲しいものだなと。

それにしても親のほうは年々、打たれ弱くなっていくのである。

テーマ : 子育て日記
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

くるみ割り人形と娘の彼氏

既に夕飯の支度がほとんど終わりました!
あぁなんて素敵な奥さん。
というより、なんて暇なのでしょう。

近頃私ののBGMは「くるみ割り人形」、旦那はドリカムのニューアルバム。
お互いに「隙あらば!」とオーディオのCDを入れ替え
自分の世界をゲットするのに必死である。

バレエ音楽って、頭の中で超イメージしやすいところがディズニー音楽と共通してる。
いや順番が違うか、ディズニーのほうがまねしたのか。
まぁどっちでもいい。

「あ、ミッキーが壁の穴を抜けて柱をするするーと滑り降りてるな」
とか
「きっとバレリーナさんがくるくると回ってるんだな」
とか。
とってもわかりやすくて楽しい。

で、バレリーナの「くるくる」に追い立てられるように家事を済ませたわけです。
私という人もかなりわかりやすい。

仕事が捗るもうひとつの理由は、娘が彼氏(!)んとこに遊びに行っているから。
男子を2人も連れ込むならよそでやって!とばかりに今日はTくんチに行かせた。
モテモテでええなぁ~。セイシュンでええなぁ~。
と母は韓流ドラマみながら指をくわえています。

…というのは冗談で、いつかも日記に書いた娘の
「放課後遊び相手探しハイエナ生活」
は、転校してもなお続いていて、
単に女子の友達だけでは週5日がフルに埋まらないために
「月曜日は男子と遊ぶ日!」になっているといったところか。

まぁ、心配していた転校だけれど、
楽しげにしているのでよかったよかった。

あ、そろそろ帰ってくる頃だ。
私ののんびりタイムもおしまいというわけで、ではまた。

続きを読む

テーマ : 子育て日記
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

参観日

幼稚園の参観日は、保育そのものを参観するというよりも「保育の成果」を見せてくれる日だった。親参加のゲームなんかも交えたりして、まる半日つきあってもあっという間のような気にさせてくれる、「プチ発表会」。

小学校に入ったら、参観日は、そのまま「参観」する日に。
国語やら算数の授業を淡々とすすめるのを、ただジーと見るだけ。
といっても、普段の授業よりは多少は演出が違うのだろうけど
たった45分間立ってるだけなのに、途中からやけに腰の痛みが意識の前面に出てくる。
参観日は、あまり楽しみでもない代わりに気の重いものでもなくなった。

けれども、年度最後の参観日はさすがにちょっとショーアップされてた。
歌やらお芝居やら合奏やら盛りだくさんのメニューを
「ハイ次!」「ハイ次!!」
とこなす。
最後の合唱が終わって親たちがパチパチと拍手が止んだ瞬間にチャイムがキーンコーン、まるでテレビのバラエティ番組のような段取り。

続きを読む

コンテントヘッダー

喉が痛いと思ったら熱、それからまた咳地獄に突入しそう。年明けのインフルエンザの咳が長引いて、ようやく治まったところ。イヤだけど、予約キャンセルしてた歯医者も行かないとなぁ…と思った矢先にまたこれだ。こんなに気管が弱かったっけ。

春休みに沖縄に行くことになりました。ウチほど南国リゾートの似合わない家族はなかろうに。

栗原はるみに傾倒してます。毎日毎日「ごちそうさまが、ききたくて」を眺め続け、眺めてお腹イッパイ。2,3作った料理は、家族の評価はいまひとつ。美味しいと思うんだけどなー。

なんだか急に料理に興味津々、ご近所さんから貸していただいた「美しき日々」のビデオはまだ1本しか見てない、「東京タワー」も途中のまま、沖縄の下調べも少しはしとかないと…ってときに限ってレース編みなんか再開。一体なに考えてんだか。

体操教室の先生が、教室の終わったあと「ゆったちゃん逆上がりができましたよ」と教えてくださいました。なんですと!そんな大ニュースが!!
さっき本人から
「ゆったね、鉄棒でコケてお鼻打ったの」
の報告は受けましたが…。
鼻をぶつけて喜びもどっかへ吹っ飛んでったらしいです。
ところで娘、とっても綺麗に側転ができるようになっててビックリ。
先生すごい。元・日本代表は伊達じゃないね。
でもこれ以上鼻がぺっちゃんこになったら困るので、体操教室はそろそろ卒業かなぁ。

娘が「お腹痛い…」と登校時に訴える。学校までずーっとついていき、「大丈夫?痛かったら先生に言うんやで?わかった?」と送り出し、帰ってくるまでボンヤリそのことばっかり考えており、結局うんちひとつ頑張ったらケロリ。過保護なハハですか。旦那が昔、腸閉塞になったときのことを姑さんから何度も何度も聞かされてるとねぇ…


そんなこんなで今日からブログに移行。
これで更新もしやすくなる…のは確かだけど、頻度が上がるかどうかは…。


プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。