コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

外出禁止中

「家から出るな」ということなので、
うさぎちゃんを、週1で行っている動物病院に連れていくか迷っています。

外出禁止は一応まぁ、子どもが学校から言われているものなので
わたしは対策さえしていけばこういう外出は問題ないと思うのだけど…
買物はデリバリー(会員登録残しておいてよかった)、
本はamazon、牧草&トイレ砂は通販(車で行ける距離のお店だけど)。
なんとかなるもんだ。
…といっても、これらにはお金っつーものがかかるわけで
旦那さんが決死の覚悟(でもない感じ)で仕事に通ってくれないと
お手上げなわけです。

親がふたりとも働いてる(あるいは一人親の)家庭の問題は、早くから出てました。
市立の認可保育所は公立学校と同時に休園しましたし。

「近所の人に預かってもらうことを頼んだら断られた」
と言ってるお母さんがテレビに出てました。
お察しします。助けてあげれるものならあげたいです。が…

うつしても困る、うつされても困る。
子供を通じて我が子が罹ったら…と思うと。
それが一番心配なのはもちろんですが、より困り度が高いのは意外と
「子どもは元気だけど自分が罹っちゃった」ときかも。

わたしがもし、
熱が出た→電話する→発熱外来に行く→陽性→隔離
となったら、さて娘をどうしたらいいのでしょう。
ずーーーっと一緒にいて、時々べたべたしたりするので
ものすっごい「濃厚接触者」なのですけど、
だからって一人が罹れば100%もうひとりも罹る、とは限りません。
実際、わたしがインフルエンザに罹った年に娘はぴんぴんしていたし、
去年は娘だけが罹ってわたしは結局発症しませんでした。

こういう場合、いっそ娘も一緒に隔離入院させてくれるんでしょうか。
でも他にもウィルスや菌がうようよの意外と綺麗ではない病院という場所に
子どもを連れて滞在したくなんかありません。

胃が半分以上なくて高齢の義母のところに、
キャリアである可能性の高く、いつ発症するやらの娘をやれません。
実家に…といっても誰が送っていく?
そうなったら旦那が休むしかないですね。
昨日あたりからは自宅療養になったようでその点はほっとしましたが
自宅にいるってことは、旦那が即、濃厚接触者になってしまいます。
(この場合の「濃厚」は同じ家にいるってことで…っていちいち言わなくてもわかりますよね)

ご近所の困っているお母さんを助けてあげたいのは山々ですけど、
それで、もっともっと仕事を休みにくい自分の旦那を休ませることになったら。

テレビでも新聞でも、働くお母さんが小さい子どもを預けることは取り上げるけど
お母さんが罹ることは想定してないんですね。

子どもを預けるところがなくて困っているとクローズアップされるのは母親ばかり。
なんででしょう。
男女差なく仕事をするこの時代、
母親と父親のどちらが休みを取りやすいかなんて夫婦によって違うはずなのに。

やっぱりウィルスが国内に持ち込まれた段階で、すでにアウトなのだと思います。
今の時点で「弱毒性」といわれていることをありがたく?思いつつ、
そちらの教訓を生かしてもっと考えることありそうな気がします。

今だっていっぱい対策しなくちゃいけないことあって
役人さんも大変だとは思いますが、
高温多湿な日がしばらく続くことを祈りつつ、お願い。

もっとも、いつ「強毒性」になるかわからないんですけどもね。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

スレッドテーマは「節約生活」としましたが
別に頑張ってるわけでもないんです。
ちょっとだけ節約しようかな?と思ってるくらいで。
いきなりドーンといっちゃうと息切れも早いですからね。

旦那の夕飯を作らなくなったので、とりあえずムダを徹底的に省こうと。

「今日、夕飯要る」とか「要らない」を言うてくれない人なもので
とりあえずは作らないといけません。

「食べるのかな? 今日は天ぷら食べたいけど、帰ってきてから揚げないと美味しくないしやっぱ無理かな。でも煮込み料理もいい加減ネタも尽きたし飽きてきたぞ。うーむ。しゃーない、こっちもまたマンネリ気味だけど、焼き魚にするか。」

旬のアジが1匹88円と安かったので、買って帰って内臓とって、グリルで塩焼きにして、あとは温めなおせばすぐ食べられるよ!

深夜になって旦那、帰宅。
ちょっと!ご飯たべてきたってどゆこと!?

この場合、翌日の昼に自分がこのアジを食べるか、翌日の夕飯に知らん顔して旦那に出してしまうか。

迷った挙げ句に「ゴメンナサイ」しちゃうことも多々。

…これが、なくなったわけです。

旦那がいなくなっても成長盛りの子供はいるので、自分でも驚きなのですが意外と手抜きをしてません。仕事量はそんなに減ってないんです。ただ、上に書いたようなストレスがなくなったことが、チョー楽ちん!

姑さんに言われました。「楽でしょう?」(にっこり)。
率直なところを申し上げますと、深く頷いておられた姑さんも、長いこと旦那さん(つまり舅さん)は単身赴任です。

しゃーない。近くに旦那のいないもの同士、助け合っていくかー。

娘もわりと偏食なので食べ残しは多いですが、「食べきれない」と「食べない」は、作ったものにとって大違いです。
虚しい「作っては捨て」が減り、同じ料理を出してはいけないという気負いもだいぶ減り、食費は激減する…はず!?

そんなわけで、とりあえず手をつけたのが家計簿。
ナント2月半ばで止まっている帳簿付けを、泣きながらやってます。
こんな家計簿意味があるのかと疑問に思いつつも、
結婚してから何らかの形で残っている収支の記録を、
今年も簡単にせよ残しておかなくては。

あー神様ごめんなさい。
こんどからちゃんと毎日つけます!つけますからー!

テーマ : 節約生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

コンテントヘッダー

ハハノヒ

明日はハハノヒらしい。

「明日はおとうさんとスーパー行くんだ♪お母さんはだめだよ。内緒のお買い物なんだから」
と言った5秒後に
「お母さん、カーネーションていくらくらいするの?」
とか言うてるのは、娘ではなくてその友達。

指をくわえているのは、私。
土日フル出勤の旦那は、今夜帰宅するなり娘に
「お金あずけるから、明日おかあさんと花屋に行ってカーネーションをふたりぶん(おばあちゃんのと、お母さんの)買ってきてな」
とお使いを頼んでいる。

おい。娘を誰が花屋に連れてくんじゃ。私やんけ。
何が悲しゅうて自分の母の日カーネーションを買いに行かねばならぬのか。
違う日でもいいから、買ってきてほしいものだ。

…と思うのは贅沢か。
だって考えてもみよ。父の日にもし妻が何か事情で動けなくて、子供に「お金わたすからお父さんと一緒にダイエー行って何か買ってあげて」と行ったら、あなたは行きますか? 普通は行かないでしょう。

ま、娘からは既に「シール手紙」(これがけっこう笑えるのだが、文章では説明のしようがなくて非常に残念)をもらっているからいいのだ。
私は夫の「母」ではないのだし。

もしも、母でもないのに私にプレゼントをくれるのならば、第一希望。
明日一日、完全フリーで過ごさせてくれたら。

…無理ね。行って来ます、カーネーションもってお義母さんのところへね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。