コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

阪神淡路大震災の話

毎年1月になると新聞は連日、震災連載。
テレビ報道も特集や特番。
今年は15年という切りのいい数字なので尚更です。
いつもながらちょっと新聞屋さんの「手前味噌」とも思えるような記事も。
取材の苦労を切々と語る。
「私たちもこんなに苦しい思いをしつつ、使命感に燃えて頑張っています」
と。
とかく悪者みたいにいわれがちなマスコミとしては訴えたいところなのかもしれないけど、
そういう話はいいんだけどなーと思いながら読んでたりします。
(でも知ってる人の話だったので、興味深かったんですけど、知らない人だったら興味わくかなー)
昨夜は嵐の桜井くん主演でドラマ「神戸新聞の7日間」。
これは、この人たちじたいもみんな被災者だったということで
ただの「新聞記者魂武勇伝」ではない話になっていたので良かったですが。

神戸は、震災前に行っても奇麗だったけど、今はまたとっても奇麗な街で。
瀟洒な分譲マンションもいっぱいで、見た目もおしゃれだし、
よその人が初めて家を買うにも比較的住みやすい街になってるんだろうなと思う。
ドラマのラストで、被災時の写真と現在の同じ場所を何か所か流してたんだけど、
被害が大きかったところはすっかり更地になって新築なのだから当然ながら
新しい建物が立ち並んですっきりした家並み。
ただ、「商店街」だったところが今は何もない(実際はマンションとかが建っていたけど)通りになってたのには
少し寂しい思いがしました。
そこで個人商店をやってた人たちが再び同じように店を開くことは
難しかったことが想像できてしまって。

ところで、最近、亡くなった人ではなく15年を生き抜いてきた人たちの話が多いんですが、
当時、生まれた赤ちゃんが15歳、幼かった人たちも大人になって
取材されれば自分の言葉で話せるようになっているので、
今現在、子どもを持つ身としては、色々考えさせられることもあります。

記事の中で、高齢の人も若い人も
「もっと話したかった」という記述がけっこうあるのです。
そこがクローズアップされるのは良いことなんだと思うのです。
ただ、周囲の人が話を聞いてあげなかったのか、というと
そう単純なことなのかな、と。

確かに重すぎて消化しきれないから逃げ腰になってしまうかもしれない、
でも、相手を想えばこそ何があったのか、どんなに大変だったのかは、知りたい気もするし、
色んな意味で知っておかなきゃいけないのかもと思ったりする。でも、
「聞いたらいけないのかな」
「思い出したくない、話したくないかも」
「知りたいと思う気持ちは、単に野次馬根性なのではないか」
そんな思いであれこれ聞けない人もいるのではと。

地震を経験した人たちにその後、何人か知り合いができました。
私に話してどうなるものでもないのでしょうけれど、
話したいのであれば、話してほしいと思うのです。
聞くだけしか、できないけれど。





久々の日記です。
ほとんどもう誰も読んでないと思うけど
サボっている間に大きな出来事もありました。
これからボチボチ、そのあたりも書きとめていけたらと思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

元気です

ほったらかしにしていて、すみません。
コメントのお返事もしていない…
遅ればせにもほどがあるけれど、あとでさせていただきます
(ちなみに「未承認」は全てスパムです。いちいち削除もめんどくさい)

ネットはミクシにかかりきりで、気がつけば半年以上たっていました。

その後、我が家にうさぎさんがやってきました。
ネザーランドドワーフという外来種(?)で、とっても小さい。
ウチに来たときはまだ生後2か月未満でしたが
今ではすっかり大人です。でも体重は1キロそこそこ。

ひらべったいお顔がとってもかわいいこの子は
今ちょっと色々ありまして。
ハゲができては生え、また別の場所がハゲ…と繰り返し
酷いところは皮膚を舐めすぎて赤くなったり、かじって出血したり大騒ぎ。
年明けすぐから病院通いで、でも完治せず。
あれこれ調べてみたものの、結局は病気らしい病気もみつからずで
本人(本うさ)はとても元気で食うし出すし暴れるしなので
どうやら偽妊娠(想像妊娠みたいなもの)らしいのです。

それにしても激しすぎるので、他のストレスもあるのかもしれない。
とりあえず皮膚だけは治さないことには、と
今は、体を舐めないようにエリザベスカラーをつけて療養中です。

そういえば、わたしの治療も、年末の受診を一区切りにとうとう半年ごとになりました。
3か月おきだとすぐに巡ってくるのですが
半年空くとなんだかとてもご無沙汰な気分。
自分の病院が少し遠ざかったのと入れ替わりに動物病院に通ってるわけです。

web日記ってものに関わり始めて10年近くになり
周りの風景は入れ替わってしまいました。
毎日きっちり更新されていて、こっそり通っていたブログも
次々とパス付きになったりお休みしたり更新が止まっていたり。
「こっそり通って」いたファンの私では筆者さんとの直接のやりとりがなく
どこかへ引っ越すときもお知らせをもらえないし、追いかけていくのも憚られ
すっかり寂しいネット生活です。

そういうわたしもミクシばっかりやってるんですけど。

半年ぶりの更新に、気づいてくれる人が少しでもいたらうれしいです。
コンテントヘッダー

さよならばかりが…

はぁ。
かなーり凹んでる。
「ヘコんでる」なんて言葉すら腹がたつくらい落ち込んでる。

なんだかこの頃バイバイばかり。
忙しくしてても
日々すべてのことを茶化してヘラヘラしてても
吉本新喜劇みてゲラゲラ笑っても
楽しくない。

新しい出会いがわんさか飛び込んできて浮かれた数年間があってから
ここ3年ほどは色んなサヨナラが続いて
この年単位の大きな波はもしや
細木氏のいう大殺界とかそういうの!?と思ったら
全然バイオリズムに合ってなくて
っていうかそんなのを思いついて調べてみるとこからして変。

何か、頑張ってみないとなー。
何か、何か。
コンテントヘッダー

独身生活最後の

明日には旦那が単身赴任を終えて
山盛りの荷物とともに帰ってきます。
なので、こちらでも不用品・着ない服・読まない本を処分しました。
ごちゃごちゃ物置状態だった部屋が少しマシになって
あーこれを1年前にやってればスッキリ暮せていたのに…と後悔先に立たず。

古本屋の帰りに娘とファミレスでごはんを食べて
帰ってきたらお風呂はいって寝るだけ。
こうして夜遅くまで
椅子の上に胡坐をかいて一杯やりながらネットやるのも
今日が最後です。
明日からは大和撫子・良妻賢母のいとま…
だったこと、かつて一度でもあったっけ???

いとま記も間が空き過ぎて、アクセスログもすっかり寂しくなっておりますが
ちま・ちまとこれからも続けていこうと思います。
旦那のいないすきに(笑)

ところで、
最近ジントニック作って飲んでるんですけど
これってグビグビ飲むもん? チョロ、チョロとスマートに飲むもん??
コンテントヘッダー

暑さが去ってホッとするけどなぜか嬉しくはない私です

気がつけば夏休みもあと一週間。
終わることは必然で
それも40日がとても短いものであることは
始まる前からわかっていたけれども
なんだかさみしい。
休みが終わることもだけど、暑さが去っていくことが。

水道の水がぬるくて
寝起きのシャワーは水からお湯になる前にさっさと済ませられたのに
今それをやったら心臓が止まりそうだ。

田舎で避暑ができてたつもりだったのに
帰ってきたら大阪も意外に涼しくなってたのもガッカリ。
(去年はもう一週間早い帰省だったから如実に差があった)

とはいえ、この夏のイベントはまだまだ残ってる。
ビーズなんかもやりたいけれど
当分お預け。

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。