コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

子どもと携帯

大阪府警のサイバー犯罪対策担当者の講演を聴く。
(↑正しい名称忘れちゃった

子どもが携帯やインターネットを自由に使うことの危険さをひしひし。

講師は、一見若いお兄ちゃん風。
これがしかしどうしてどうして、話が上手い。
そりゃそうか、携帯やネットに絡むあれこれって実際、
わたしたち世代以下でないとこなせない話かも。

ネット犯罪、ネットいじめ、、、あれやこれや。
前のほうに座っていた高齢の皆様には、
「へぇー、ほぉー、ひゃー」なことも多かったと思うけど、
まぁ、普通の話。でも怖い話ではある。

GPS機能と通話だけの機能の携帯が発売されないのは
それでは携帯電話会社が儲からないからで、だから公の人たちは
「学校に携帯を持ってくるな」とはいえても
「子どもに携帯を持たせるな」とは言えないんだろうなと想像してるのですがどうでしょ。
軽く営業妨害になるし。

実際のところ、
「子どもに携帯は必要ないから持たせるな」とは言わないのである。
まずは持たせることを前提に、どう使うかという話で
スタートが現実的でいい。
結局、「持たせるな」という結論にいってしまう人は
現実を知らないか、知ろうとするのが面倒な人か。

といっても、とても安易に買い与える人が多いのも確かで。

親がたまにこっそり携帯をチェックしようとしたら
子どもがロックをかけていた、というのは珍しくない話。
そんなの買ってすぐに暗証番号を親が設定しないからで
最初のほんのひと手間なのに。

講師いわく、
「中学生くらいの子どもを非常に、とても、やたらと信用している親御さんが多い」
と。
ウチの子に限って、的な。

ここで、「だからウチでは子どもには必要ない携帯は与えていません」
といえば普通にカッコいいのかもですが
娘には、携帯を与えております(笑)
ただ、数々の機能使用制限をフル活用して。

友達同士でのメールは原則禁止。
集まって遊ぶときまって、激しい「メアド教えて」攻撃に遭う。
娘が「お母さんがダメって言うから」と答えると、
皮肉やイヤミの一つも言われるというのが毎度のパターン。
なので、つい今朝のこと
「そろそろメール解禁しようか」と言ったときの
娘の嬉しそうな顔といったら。

「こないだコッソリ友達にメアド教えようとしたら
 ダイヤルロックかかってできんかってん」
嬉しさあまって口を滑らせた娘。ばかめー。
やっぱり、やらかしてたんや。
でもまあ、そんなのは想定内。
だからロックかけてたのだ。

我が子を信じても、その友達、あるいは友達の友達ぜんぶを
信用することはできない。

私はこれから目を光らせるべきものが増えた私は、浮かれる娘を見て
「また仕事が増えたなぁ」とため息。
携帯を持たせれば子どもだけで遠方へ行かせられる、と思う人も多いけど
私には全くそうは思えない。

奇麗な花には棘がある。
便利なものには…。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

癒されたひ

寂しい寂しいとイジケてばかりいても仕方ないのでー、と思っていたところ
我が家に新たな流れが!(そうなのか?)

夏休みに、うさぎさんを放し飼いにしている施設に遊びに行きました。
かわいい。。。

そこでは餌やり体験なんかもできて
卯年生まれだからというわけでもないでしょうけど
娘は大はしゃぎでした。

その後「うさぎって飼えるんだ!?」となり
ネットで調べたり本をわんさか買い込んだり。

娘の熱がひと月経っても冷めなければ考えよう、といいつつ
今日もペットショップに連れてって洗脳しようとしてるのは
当のわたしかもしれないです。

癒しと出会いを求めているわたしでした。
コンテントヘッダー

育児日記は幼児だけのもじゃあないんだYO!

おことわり=どうかタイトルに突っ込みを入れないでください。

PTAの会合があって帰宅が9時近く。
それから夕飯を食べ終わったら10時過ぎちゃった。
「魔王」の第一回目だったのでついつい見てしまい
終わったころには娘は既に半分夢の中。

お風呂は入れなきゃとなんとか起こして脱衣所へ。
ごそごそと脱衣の、その途中、
なんか知らないけど足マットをめくり始めた。
寝ぼけ中。
うゎ。かわいい。やっぱかわいいよ、娘。

会合に参加してたお母さんから、
解散30分後にメールが来た。

「ずっと言おうと思ってたんですけど!
 お嬢さんかわいいです!」

えーへーへー。そうでしょ?

…と思ってるんだけど
実際のとこ娘は今、容姿コンプレックスに悩んでる。

最近仲良しの3人組で
「この中で誰が一番かわいいか?」
というのをやったそうだ。
3人でだ。
大人はそんな微妙な駆け引きには打って出ないだろう。

Mちゃんは、娘を指してくれたそうだ。
Hちゃんは、Mちゃんを。
娘はMちゃんを指名し、Mちゃん首位獲得。

そこでやめればいいものを、「2番目は誰かな?」と続いたとか。
娘はHちゃんを、Hちゃんは娘をそれぞれ指し、
そしてMちゃんは…誰も指さなかったとか。

「Mちゃん自分はビリじゃないと思ってるな」
と娘はちょっと苦笑いだ。

実は、ハタからみると、誰が見てもMちゃんが一番でしょう。
整った顔立ちはお人形さんのよう。

しかしHちゃんも相当な美少女。
お母さんもかなり美人らしい。

正直、冷静に見ればうちの娘だけはフツーかなぁ~て思ってるし
本人もそう思っているらしい。
「わたしだけブチャイクやん…」
なんて呟いてる。

娘はそんなに美少女ではないけれども、そんなにマズイほどでもないと思う。
とにかくとってもとっても気にしてるのだ、見た目を。
しかし、娘よ、
レベルの高い場所で悩みすぎだ。

テーマ : 小学生の子育て♪
ジャンル : 育児

コンテントヘッダー

だいすき!

そういうタイトルのドラマがありましたが。

「賢いね」「いい人だね」「上手だね」
よりも
「好き!」
といってもらう方が絶対うれしい。

ピアノコンクールで複数の審査員に採点してもらうと、
いつも点数がバラバラな娘。
予選とか通っても
たいていは薄氷を踏む思い。

そのピアノの先生がこないだ言ってた。
「むしろそのほうが面白いじゃない?
 音楽って本来、そういうものよね」

これを負け惜しみだと笑う人には
音楽、楽しいですか?と問いたい。

音楽を聴いたりCDを買うときは
「いい音楽だから」聴くんじゃなくて
「好きな曲だから」聴く。

ま、好き・嫌い以前の問題では悲しいので
努力は必要なのです。
はぁ苦しい。
コンテントヘッダー

なるようにしかならないさ

「こてんぱんに叱る」
っていう語り口に
なんだかほのぼのしたものを感じるのはわたしだけ?
て実はたいして恐くないんだろうねぇ~って。

でも、そうか。
自分が子供を叱るときにいかに恐ろしい親であるか
切々と語る必要なんかないのだった。

いかに自分たち夫婦の仲が悪いか
とか
いかに我が子の出来が悪いか、
とか
いかに自分が忙しくてあわ食ってるか
とか。
そんなの別に格好よくもないんだった。

わかってても。
かっこよくて憎めない人に
どうしてもなれない寂しさ。

辺見えみりとキム兄が離婚した。
実は前からちょこ、ちょこと不仲の片鱗が見えていたとか書かれてた。
まぁ、
「あーやっぱりね~」って言われようが
「仲良さそうに見えてたのにビックリ!」って言われようが
どっちでもいいんだろうけどね。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

いとま

Author:いとま
1966年(丙午)北陸生まれ。
30歳で結婚、転勤族の仲間入り。
現在は大阪在住。
専業主婦。
家族は夫と娘がひとりずつ。

2002年6月に乳がんの手術。
その後、抗がん剤、放射線と続いた後、ホルモン療法。
ゾラデックス注射2年間、ノルバデックス内服5年間を終え、
現在は経過観察中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
count since 20070529
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。